利用方法

割込通話

このページに関する情報

サポートNo.
130001
最終更新日
2019年02月21日

BBIQ光電話の割込通話サービスの利用方法についてご説明します。

BBIQ光電話開通後に、割込通話サービスを追加でお申込みされたお客さまへ

  • BBIQ光電話が開通した後に、割込通話サービスを追加でお申込みされたお客さまで、BBIQ光電話無線ルーターをご利用されている場合は、BBIQ光電話無線ルーターの設定情報更新が必要になります。
  • BBIQ光電話と割込通話サービスを同時にお申込みされた場合は、BBIQ光電話無線ルーターの設定情報の更新の必要はありません。

目次

1 お話し中の通話を終了し、かかってきた電話に出たいとき

1

通話中に、他の方から電話がかかってきた場合、「ツー、ププッ、ププッ」という音が聞こえます。

2

音が聞こえましたら、受話器を置いて最初の方との通話を終了します。

3

すぐに電話のベルが鳴りますので、受話器をとって、かかってきた電話の方とお話ができます。

2 お話し中の通話を保留し、かかってきた電話に出たいとき

1

通話中に、他の方から電話がかかってきた場合、「ツー、ププッ、ププッ」という音が聞こえます。

2

音が聞こえましたら、フックボタン※(受話器を置くところ)を1回短く押すと、後からかかってきた方とお話しできます。

(お待ちいただいている方には保留音が流れます。)

 

※電話機によっては「キャッチ」「フラッシュ」などと表示されている場合があります。

3

もう一度フックボタンを押すと、前の方とお話ができます。

(フックボタンを押すことにより、何度でも通話相手の切り替えができます。)

4

お話し中の通話を終えて受話器を置くと、すぐにお客さまの電話のベルが鳴ります。

受話器をとって、お待ちいただいている方とお話ができます。

3 その他

フックボタンを長く押し過ぎると通話が切れる場合があります。
次のような場合には、他からの電話がかかってきても、信号が入らない場合があります。

  • 発信音が聞こえている状態の場合
  • 相手を呼び出している状態の場合
  • ダイヤル中の場合

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。 回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

PAGE TOP