転送電話

利用方法

転送条件の設定(電話機で設定)

このページに関する情報

サポートNo.
130009
最終更新日
2020年02月05日

転送条件の種類と設定方法について説明します。

転送条件の種類について

設定可能な転送条件は、以下の4種類です。

無条件転送 呼び出さずに転送します
無応答時転送 呼び出してから転送します
話中時転送 お話中のときに転送します
話中時転送と無応答時転送 呼び出してから、もしくはお話中のときに転送します
  • お申込み時は、「無条件転送」が設定されています。
  • 無条件転送
  • 無応答時転送
  • 話中時転送
  • 話中時転送と無応答時転送

「無条件転送」の設定方法について説明します。

「無条件転送」は、呼び出さずに転送します。

1

142をダイヤルしてください。

2

音声ガイダンスの後に、4その他各種設定)を押してください。

3

音声ガイダンスの後に、2(転送条件の設定)を押してください。

4

音声ガイダンスの後に、1(無条件転送)を押してください。

5

音声ガイダンスの後に、設定する場合は1を押してください。

  • やり直す場合は、2を押してください。

6

以上で、転送条件を「無条件転送」の設定は完了です。

「無応答時転送」の設定方法について説明します。

「無応答時転送」は、呼び出してから転送します。

1

142をダイヤルしてください。

2

音声ガイダンスの後に、4その他各種設定)を押してください。

3

音声ガイダンスの後に、2(転送条件の設定)を押してください。

4

音声ガイダンスの後に、2(無応答時転送)を押してください。

5

呼出秒数を1~60秒の範囲で電話機のプッシュボタンを押して、最後に#を押してください。

(例)呼出秒数を30秒で転送する場合 30#

6

音声ガイダンスの後に、設定する場合は1を押してください。

  • やり直す場合は、2を押してください。

7

以上で、転送条件を「無応答時転送」の設定は完了です。

「話中時転送」の設定方法について説明します。

「話中時転送」は、お話中のときに転送します。

1

142をダイヤルしてください。

2

音声ガイダンスの後に、4その他各種設定)を押してください。

3

音声ガイダンスの後に、2(転送条件の設定)を押してください。

4

音声ガイダンスの後に、3(話中時転送)を押してください。

5

音声ガイダンスの後に、設定する場合は1を押してください。

  • やり直す場合は、2を押してください。

6

以上で、転送条件を「話中時転送」の設定は完了です。

「話中時転送と無応答時転送」の設定方法について説明します。

「話中時転送と無応答時転送」は、呼び出してから、もしくはお話中のときに転送します。

1

142をダイヤルしてください。

2

音声ガイダンスの後に、4その他各種設定)を押してください。

3

音声ガイダンスの後に、2(転送条件の設定)を押してください。

4

音声ガイダンスの後に、4(話中時転送と無応答時転送)を押してください。

5

無応答時転送時の呼出秒数を1~60秒の範囲で電話機のプッシュボタンを押して、最後に#を押してください。

(例)呼出秒数を30秒で転送する場合 30#

6

音声ガイダンスの後に、設定する場合は1を押してください。

  • やり直す場合は、2を押してください。

7

以上で、転送条件を「話中時転送と無応答時転送」の設定は完了です。

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。 回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

PAGE TOP