100メガコースからギガコースへ変更

光インターネットをご利用のお客さま

BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

このページに関する情報

サポートNo.
110015
最終更新日
2020年02月17日

「100メガコース」から「ギガコース」へコース変更をされた場合は、BBIQの通信機器やパソコンなどを接続しているケーブルの配線を変更する必要があります。 ここでは、配線を変更する手順について説明します。

機器の電源を切ってください

「回線終端装置」「無線ルーター」「パソコン」は電源を切った状態で配線の接続作業を行ってください。

配線の変更を行う前に

  • パソコンの通信機能が1000BASE-Tに対応している必要があります。
  • 回線終端装置に接続されている光ファイバーを破損しないようご注意ください。
  • パソコン1台を利用のお客さま
  • パソコンやスマホなど複数利用のお客さま

ここでは、パソコン一台をインターネットに接続するための配線について説明します。

ご準備ください

BBIQギガコースのご利用にあたり、下記のお客さまでご準備いただくものをご確認ください。

パソコン
1000BASE-T対応のLANポートのあるパソコンをご用意ください。

LANケーブル
カテゴリー5e(1000BASE-T)以上のストレートケーブル

  • 古いケーブルをお使いの場合、「カテゴリー5(ギガ未対応)」の可能性があります。ケーブルの外皮に「5e」または「6」以上の記載があることをご確認ください。

開封厳禁シール
ギガコースお申込後にQTnetからお送りする書類に同封しています。

目次

1 回線終端装置とパソコンを接続する

1

回線終端装置の側面の目隠しシールを取り外してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

2

回線終端装置の「UNI2(100M)」ポートに接続しているLANケーブルを抜いてくたさい。

 

LANケーブルを外した「UNI2(100M)」ポートを、QTnetからお送りした「開封厳禁シール」で封印してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

3

回線終端装置の「UNI1(1G)」ポートの開封厳禁シールをはがしてください。

 

用意したLANケーブル(カテゴリー5e以上)を「UNI1」ポートに差し込んでください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

4

回線終端装置の「UNI1(1G)」ポートに接続されているLANケーブルとお客さまがご利用のパソコンのLANポートを、カテゴリー5e(1000BASE-T)以上のLANケーブルで接続してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

2 機器の電源を入れる

回線終端装置、パソコンの電源を手順に沿って入れてください。

1

回線終端装置に電源プラグを差し込んで、電源を入れてください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

2

パソコンの電源を入れてください。

 

  • お客さまのパソコンによって電源ボタンの位置が異なる場合があります。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

回線終端装置のランプの状態を確認

すべての装置の電源を入れた後、回線終端装置のランプの状態を確認してください。
回線終端装置本体の側面に貼付されているシールに型式が記載されています。型式をご確認の上、ランプ状態を確認してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

ご契約状況に応じて、ランプ箇所にシールが貼付されている場合があります。

3 パソコンにBBIQの設定をする

インターネットへ接続するために、BBIQの情報をお客さまがご利用のパソコンに設定していただく必要があります。

ご利用のパソコンの環境に合った、設定方法(PPPoEの設定)をご覧の上、設定を行ってください。

Windowsをご利用のお客さま
Macをご利用のお客さま

ご準備ください

BBIQギガコースのご利用にあたり、下記のお客さまでご準備いただくものをご確認ください。

パソコン
1000BASE-T対応のLANポートのあるパソコンをご用意ください。

LANケーブル(1本め)

  • 回線終端装置と無線ルーターを接続するLANケーブルをご用意ください。
  • LANケーブルは「カテゴリー5e」以上の規格のケーブルをご利用ください。

LANケーブル(2本め)

  • 無線ルーターとパソコンを接続するLANケーブルをご用意ください。
  • LANケーブルは「カテゴリー5e」以上の規格のケーブルをご利用ください。
  • パソコンをWi-Fiで接続する場合は、本ケーブルは必要ありません。

無線ルーター
パソコンやスマホなど2台以上接続する場合に必要になります。インターネット接続機器を複数台でご利用される場合は、別途無線ルーターをご準備ください。

  • LAN規格が以下のものをご準備ください。
    (有線でご使用場合)1000BASE-T
    (無線でご使用場合)IEEE802.11n

開封厳禁シール
ギガコースお申込後にQTnetからお送りする書類に同封しています。

目次

1 回線終端装置と無線ルーターを接続する

1

回線終端装置の側面の目隠しシールを取り外してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

2

回線終端装置の「UNI2(100M)」ポートに接続しているLANケーブルを抜いてくたさい。

 

LANケーブルを外した「UNI2(100M)」ポートを、QTnetからお送りした「開封厳禁シール」で封印してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

3

回線終端装置の「UNI1(1G)」ポートの開封厳禁シールをはがして、「UNI1」ポートが見えるようにしてください。

 

用意したLANケーブル(カテゴリー5e以上)を「UNI1」ポートに差し込んでください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

4

お客さまでご準備いただいた無線ルーターのInternetポートに、LANケーブルが差し込まれている場合は抜いてください。

 

  • お客さまがご用意されたルーターのメーカーによっては、LANケーブルを差すポート名が「Internet」ではなく「WAN」などの表記になっている場合があります。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

5

回線終端装置の「UNI1(1G)」ポートに接続されているLANケーブルを、お客さまでご準備いただいた無線ルーターのInternetポートに差し込んでください。

 

  • お客さまがご用意されたルーターのメーカーによっては、LANケーブルを差すポート名が「Internet」ではなく「WAN」などの表記になっている場合があります。またポートの位置が異なる場合があります。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

下図のように「回線終端装置」とお客さまでご準備いただいた「無線ルーター」がLANケーブルで接続されていることを確認してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

2 無線ルーターとパソコンを接続する

無線ルーターとパソコンを接続する配線について説明します。

LANケーブルで接続する場合

お客さまがご利用のパソコンのLANポートと、無線ルーターのLANポートを、LANケーブル(カテゴリー5e以上)で接続してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

Wi-Fiで接続する場合

お客さまがご利用のパソコンのWi-Fiの設定を行ってください。

3 機器の電源を入れる

1

回線終端装置に電源プラグを差し込んで、電源を入れてください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

 

電源を入れた後、約5分程度お待ちください

回線終端装置の電源を入れた直後は、回線終端装置本体のランプが点滅を繰り返しますので、ランプの状態が落ち着くまで(約5分程度)お待ちください。

2

無線ルーターに電源プラグを差し込んで、電源を入れてください。

 

  • お客さまがご用意された無線ルーターの機種によって電源プラグ挿入口の位置が異なる場合があります。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

3

パソコンの電源を入れてください。

 

  • お客さまのパソコンによって電源ボタンの位置が異なる場合があります。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

回線終端装置のランプの状態を確認

すべての装置の電源を入れた後、回線終端装置のランプの状態を確認してください。
回線終端装置本体の側面に貼付されているシールに型式が記載されています。型式をご確認の上、ランプ状態を確認してください。

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

ご利用コース変更 光インターネットをご利用のお客さま BBIQ光電話を利用されていない場合の配線変更

ご契約状況に応じて、ランプ箇所にシールが貼付されている場合があります。

4 無線ルーターにBBIQの設定をする

インターネットへ接続するために、BBIQの情報をお客さまがご準備いただいた無線ルーターに設定していただく必要があります。

無線ルーターはメーカーによって設定方法が異なりますので、ここでは一例として無線ルーターの設定をご案内します。

お客さまがご用意された無線ルーターのメーカーのページにてご確認いただき、設定を行ってください。
編集
バッファロー http://buffalo.jp/support_s/
NEC http://www.aterm.jp/support/
アイ・オー・データ機器 http://www.iodata.jp/product/network/index.htm
エレコム http://www.elecom.co.jp/support/index.php
コレガ http://corega.jp/support/
NETGEAR https://www.netgear.jp/supportInfo/

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。 回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

PAGE TOP