このページを共有する

PPPoE接続OS X 10.10 をご利用の方

ご確認ください

  • パソコンを起動した際、OS(オペレーティングシステム)は正しく動作していますか?
  • メディアコンバータ(回線終端装置)の電源は入っていますか?
  • メディアコンバータ(回線終端装置)とパソコンはLANケーブルで接続されていますか?
  • 設定には、<ログインID>と<ログインパスワード>が必要です。
    お手元に“BBIQ登録内容のお知らせ” をご用意のうえ設定を行ってください。
  • ルーターをご使用の際は、以下の設定作業は必要ありません。
    ルーターの設定につきましては、ルーター取扱説明書をご覧いただくか、メーカーにお問合せください。
    なお、弊社でも【とことん設定サービス(有料)】でルーターの設定を行っております。
1

〔アップルメニュー〕から【システム環境設定】(または、Dockのシステム環境設定のアイコン)を選択してください。

接続の設定 OS X 10.10 画像01
2

〔システム環境設定〕の【ネットワーク】を選択してください。

接続の設定 OS X 10.10 画像02
3

画面左の【Ethernet】(または【USB Ethernet】)を選択して、画面中央の〔IPv4の設定〕を選択して、【PPPoEサービスを作成・・・】を選択してください。

接続の設定 OS X 10.10 画像03
4

表示された画面の〔サービス名〕に任意の名称を入力して【完了】ボタンを選択してください。
(ここでは例として「QTnet BBIQ」としています)

接続の設定 OS 10.6 画像04
5

作成した【サービス名】を選択して、各項目を以下のように入力してください。

PPPoEサービス名: 未入力
アカウント名 「BBIQ 登録内容のお知らせ」に記載されている《ログインID》を入力してください
パスワード: 「BBIQ登録内容のお知らせ」に記載されている《ログインパスワード》を入力してください
パスワードを記憶 チェックする
メニューバーにPPPoEの状況を表示 チェックする(チェックを外したままでも結構です)
※チェックするとメニューバーにPPPoEステータスが表示されます

全ての入力が確認しましたら、【詳細...】を選択してください。

接続の設定 OS X 10.10 画像05
6

表示された〔TCP/IP〕画面の各項目を以下のように設定してください。

IPv4の設定 PPPを使用
IPv6の設定 自動
接続の設定 OS X 10.10 画像06
7

【プロキシ】タブを選択して、表示された画面の各項目を以下のように設定してください。

構成するプロトコルを選択 全てチェックしない
簡易ホスト名を除外 チェックしない
プロキシ設定を使用しないホストとドメイン 空欄
受動FTPモード(PASV)を使用 チェックする
接続の設定 OS 10.6 画像07
8

【PPP】タブを選択して、以下の項目にチェックを入れてください。

必要なときに自動的に接続 通常チェックする
※チェックすると、ブラウザなどの起動時に自動的に接続を開始します。手動で接続したい場合はチェックを外したままにしてください。
ユーザーがログアウトしたときに接続を解除 通常チェックする
ユーザーアカウントを切り替えたときに接続を解除 通常チェックする
PPPエコーパケットを送信 通常チェックする

全ての入力が確認できましたら【OK】を選択してください。

接続の設定 OS X 10.10 画像08
9

〔ネットワーク〕の画面に戻り、【適用】を選択します。
これで、接続が完了しました。

接続の設定 OS X 10.10 画像09

これで「-PPPoE接続- OS X 10.10 をご利用の方」についての説明は終了します。

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

チャットサポート
チャットサポートの開閉
チャットサポート