このページを共有する

Webメールメールフィルターの作成

フィルターを設定することで、送受信したメールを指定した条件に沿って、
手動または自動的に指定した操作を行い、メールを仕分けすることができます。

1

〔タブメニュー〕から、【プリファレンス(設定)】を選択して、 【フィルター】を選択してください。

メールフィルターの作成  画像01
2

【受信メッセージフィルター】、または【送信メッセージフィルター】のいずれかを選択してください。

メールフィルターの作成  画像02
3

【新しいフィルター】を選択してください。

メールフィルターの作成  画像03
4

【フィルター名】に、フィルターの名前を入力してください。

メールフィルターの作成  画像04
5

フィルターをアクティブにするには、右上隅の【アクティブ】のチェックボックスにチェックを入れてください。
チェックを入れると、メールの送受信時に条件に一致した場合は自動的にフィルターが実行されます。

メールフィルターの作成  画像05
6

メールが設定した条件に対しての操作実行の基準を、【任意】【すべて】のいずれかを選択してください。

任意 設定した複数条件の中から、一つでも一致するものがあれば設定した操作を実行します。
すべて 設定した複数条件のすべてに一致した場合に設定した操作を実行します。
メールフィルターの作成  画像06
7

【件名 ▼】を選択して、フィルタリングの対象となる箇所を選択してください。

メールフィルターの作成  画像07
8

【次の文字列を含む】を選択して、フィルタリングの条件定義を選択してください。

メールフィルターの作成  画像08
9

日付、メールアドレス、語句など、比較対照となる条件を入力、または選択してください。
また、文字列の大文字と小文字は区別されません。

  • 例:画像では『staff meeting』の文字列が含まれることを条件にしています。
    メールの本文に『Next Staff Meeting』等、設定した語句が含まれると条件に一致したことになります。
メールフィルターの作成  画像09
10

複数の条件を組み合わせて利用する際は、【 + 】ボタンを選択すると、入力欄が追加されます。
また追加した条件は、上から順に実行されます。

メールフィルターの作成  画像10
11

【受信箱に維持】を選択して、設定した条件に一致した場合の操作を設定できます。

  • 例:〔フォルダに移動〕を選択した場合は、条件一致となった際に、 指定したフォルダにメールを移動します。
メールフィルターの作成  画像11
12

複数の操作を組み合わせて利用する際は、【 + 】ボタンを選択すると、入力欄が追加されます。
また追加した操作は、上から順に実行されます。

メールフィルターの作成  画像12
13

【その他のフィルターは処理しない】のチェックを外すと、複数のフィルターを適用することができるようになります。

  • 標準では、チェックを入っており、一度フィルタリングが適用されると、他のフィルターは適用されません。
    チェックを外すことで、複数フィルターの適用が可能ですが、設定した操作内容や適用順序によっては正常に機能しない場合があります。
メールフィルターの作成  画像13

これで「-Webメール- メールフィルターの作成」についての説明は終了します。

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

チャットサポート
チャットサポートの開閉
チャットサポート