このページを共有する

Webメールアカウントのインポート/エクスポート

Webメールへアカウント(アドレス帳)の取り込み(インポート)と、Webメールに登録されているアカウントの書き出し(エクスポート)の方法について説明します。

ファイルの形式によっては、正常にインポートされない場合もあります。

アカウントのインポート

1

【プリファレンス(設定)】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像01
2

【インポート/エクスポート】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像02
3

【ファイル】を選択してください。

アカウント(アドレス帳)が保存されている〔csv形式のファイル〕を選択して、【開く】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像03
4

〔目的フォルダ〕、〔重複を解決〕の各項目を選択してください。

目的フォルダ インポートするフォルダを選択してください。
フォルダの指定がなければ、【すべてのフォルダ】を選択してください。
重複を解決 インポート元とインポート先の情報が重複した場合の処理方法を選択してください。
アカウントのインポート/エクスポート 画像04

インポートする情報を選択する

【詳細設定】にチェックを入れると、〔データ型〕の中から『メール』、『連絡先』などインポートする情報を選択することができます。

アカウントのインポート/エクスポート 画像04b
5

【インポート】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像05
6

『インポートに成功しました』と表示されていることを確認して、【OK】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像06

アカウントのエクスポート

1

【プリファレンス(設定)】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像21
2

【インポート/エクスポート】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像22
3

〔種類〕の【アカウント】を選択して、〔ソース〕のエクスポートするフォルダを選択してください。

ソース エクスポートするフォルダを選択してください。
フォルダの指定がなければ、【すべてのフォルダ】を選択してください。
アカウントのインポート/エクスポート 画像23

エクスポートする情報を選択する

【詳細設定】にチェックを入れると、〔データ型〕の中から『メール』、『連絡先』、『日付』、『検索フィルター』などエクスポートする情報を選択することができます。

アカウントのインポート/エクスポート 画像04b
4

【エクスポート】を選択してください。

アカウントのインポート/エクスポート 画像24
5

アカウントの情報が保存されたtgz形式のファイルがエクスポートされます。

アカウントのインポート/エクスポート 画像25

これで「-Webメール- アカウントのインポート/エクスポート」についての説明は終了します。

この説明はお役に立ちましたか?

この説明について、ご意見・ご要望をお聞かせください

いただいたご意見・ご要望については、お客さまに直接ご回答を差し上げることができません。
回答をご希望される場合は、 BBIQ公式サイトのお問合せページ をご利用ください。

チャットサポート
チャットサポートの開閉
チャットサポート